TOP
モデル見学会
住む〜ずハウスとは
商品プラン
施工例
イベント
会社概要

住む〜ずハウスとは

幸せなマイホームに住めない現実

昔からずっと思っていました。マイホームに住む、これほど幸せな生活はありません。
しかし、多くの人がマイホームを諦めてしまうという現実があります。
アパート・マンションに住む家族の話を聞くと、多くの人は一戸建てに住みたいと口をそろえます。
しかし、現実には、新築一戸建ては夢のまた夢だ、という声が多く悲しく思ってしまいます

家賃+αの支払いで、新築を建てられないか?

この西三河のアパート・マンションの家賃は6万円台が主流です。
余裕を持って暮らすには、さらに頑張っても月々1万円ほどしか足せません。
ということは、月々7万円台以下の支払いで土地と建物が購入できなくてはいけません。
そうすると、ざっと借入総額は2400万円までです。そこから土地の購入費用や諸経費を1400万円程度と考えると、
残りは1000万円。つまり、約1000万円以下で家を建てることが我々の使命となったわけです。

価格は安く、でも品質は落とさない

建物を1000万円以下で提供できないか。
そうしてコストダウンを考えた結果、住む〜ずハウスは誕生しました。
この住む〜ずハウスでは価格は徹底的に抑えながらも、いかに品質を落とさずいい家を建てられるかをコンセプトに実現しています。
ただ単に安くしようと思ったら、露骨に質の悪い部材を使い、腕の悪い職人を使うこともできたでしょう。
しかし、それではお客様に申し訳ありません。
本当にいい家というのは、お客様の予算の範囲内で最大限いい家を建てることだと思うのです。
コストを切り詰めながらも、住みやすく長持ちする家を目指しました。